写真の書換え

 10年に1回、写真の書換えが必要となります。
免状に貼ってある写真は、10年以内に撮影されたものでなければなりません。免状が交付されてから10年が経過する前に、写真の書換えの申請をしてください。

(1) 申請先
写真の書換え

[ア] 居住地又は勤務地の道府県の当センター支部
[イ] 免状の交付を受けた道府県の当センター支部
[ウ] 居住地又は勤務地あるいは免状の交付を受けた場所が東京都となる場合は、中央試験センター及び東京都内の消防署(稲城市・島しょ地域を除きます。)

(2) 申請に必要なもの
詳細はこちらへ
[ア] 「危険物取扱者免状 書換・再交付申請書」又は「消防設備士免状 書換・再交付申請書」
[イ] 写真1枚(縦 4.5cm×横 3.5cm、正面、無帽、無背景、上三分身像、申請前6ヶ月以内に撮影したもので裏面に撮影年月日、氏名と年齢を記入してください。)
[ウ] 既得免状(現に交付を受けている危険物取扱者免状又は消防設備士免状)
[エ] 書換え後、新たに交付される免状を郵送で希望される方は、免状を受け取るための送付用封筒
(ア) 封筒の形状 定形封筒(長さ14cm~23.5cm、幅9cm~12cm)としてください。
(イ) 封筒には郵便番号・住所・氏名を記入し392円分(簡易書留郵便料金)の切手を貼付してください。
※窓口で受領を希望される方は、事前に申請する各道府県の当センター支部又は申請先が東京都の場合は、中央試験センターへお問い合わせください。

(3) 手数料

1,600円
[ア] 申請先が道府県(広島県を除きます。)の場合
申請先道府県の収入証紙(※福岡県の場合は領収証紙になります。)を申請書裏面の下部に貼って申請してください。(収入証紙の入手が困難な場合は、申請先支部に相談してください。)
※収入印紙ではありませんので注意してください。
[イ] 申請先が広島県の場合
広島県内各消防署で配布している専用の納付書で広島県指定金融機関等に納付した後、払込証明書の原本を申請書の裏面の下部に貼って申請してください。
[ウ] 申請先が東京都の場合
・中央試験センターに申請する場合
中央試験センター又は東京消防庁消防技術試験講習場で配布している専用の納付書で東京都指定金融機関等に納付した後、領収証書の原本を申請書に添えて申請してください。
なお、窓口では、現金による納付も可能です。
・東京都内の消防署(稲城市・島しょ地域を除きます。)に申請する場合
窓口で、現金による納付となります。
[エ] その他
ご不明な場合は、申請する支部等へお問い合わせください。