電子申請(受験申込み)の詳細

1 電子申請(受験申込み)の特徴

  1. (1) 電子申請(受験申込み)とは?

    自宅や職場など、パソコンからインターネットを利用して受験申込みを行うものです。(携帯電話、スマートフォンからはできません)

  2. (2) 電子申請(受験申込み)のメリット

    1. ア 24時間いつでもどこでも申込みが可能(受付開始日及び締切日は時間が決められています。)
    2. イ 試験手数料の払込みに関わる払込手数料が無料(センターが負担)になります。
    3. ウ 再受験時の申請が簡単に行えます。
  3. 電子申請に関するQ&A 電子申請について

2 動作環境等について 

  1. (1) 動作確認の環境

    1. ア OS : Windows 7 SP1 または Windows 8.1
    2. イ ブラウザ: Internet Explorer 10,11
  2. (2) 入力可能な文字コード

    1. ア 1バイト文字(英数字および記号) : JIS X 0201
    2. イ 2バイト文字(漢字、ひらがな、特殊記号等) : JIS X 0208
    3. ウ 漢字は、JIS第1水準漢字およびJIS第2水準漢字のみ入力可能です。
    4. エ 人名漢字や外字は、本システムでは入力することができませんので、入力可能な代替文字を使用してください。
  3. 電子申請に関するQ&A 電子申請の要領について

  4. 電子申請に関するQ&A 電子申請をした後の取り扱いについて

3 電子申請をするための条件 

条件は次のとおりです。

  1. (1) 1日に1種類のみの試験(申請できる試験は限られています。)を受験すること。

  2. ※団体受験の「団体受付」の場合を除く。

  3. (2) インターネットに接続できるパソコンがあり、プリンターで印刷することができること。

  4. (3) 電子メールアドレスについて

    1. ア 電子申請後、当センターから受験票ダウンロードのお知らせメールや試験に関する重要なメールを送信しますので、そのメールを受信するために必要です。
    2. イ 携帯電話やフリーメール等のアドレスは登録しないでください。
  5. (4) 既に交付を受けている免状(以下、「既得免状」といいます。)のある方は、その免状の記載事項に変更がないこと。

  6. 電子申請に関するQ&A 電子申請の要領について

4 電子申請の際に準備するもの 

  1. (1) 既得免状がある場合

    既得免状所有者は、免状番号の入力が必要になります。
    書換え中の方や、免状の記載事項に変更が生じている方は、電子申請はできません。
    事前に当該免状の書換えを行ったうえで、手元に免状を準備して電子申請をしてください。

  2. (2) 試験手数料をクレジットカード払いする場合

    試験手数料の払込方法は、クレジットカード決済(団体経由での受付を除く)、コンビニエンスストア決済、ペイジー決済の3種類から選べますが、クレジットカードで払込みを行う方は、「VISA」、「MasterCard」、「JCB」、「アメリカンエキスプレス」、「ダイナース」のいずれかのカードが利用できますので、カードを準備してください。

  3. (3) 再受験申請の場合

    再受験を電子申請する場合は、前回の受験情報(受験番号や資格判定コード等)が必要になります。
    3年以内に受験申請された方が電子申請できますので、前回の「受験票」又は「試験結果通知書」を準備してください。

  4. (4) 団体受験申請の場合

    電子申請における団体受験については、団体代表者が団体受験を希望する方の願書情報を取りまとめて当該団体を経由して電子申請を行う(以下「団体受付」という。)ものと、受験者が団体代表者の下に直接電子申請をするものがあります。

    1. ア 団体受験を電子申請する方
      団体受験を電子申請する方は、あらかじめ「団体コード」と「団体確認キー」の情報を団体の代表者から取得してください。この入力ができない場合、団体受験の電子申請はできません。
    2. イ 団体受験の場合の代表者の事前手続き
      1. (ア) 団体の登録
        団体が団体受験を希望する場合、団体代表者は、あらかじめ当該試験地の支部において団体登録をする必要があります。
        各支部から「団体コード」、「団体確認キー」、「団体代表者キー」の発行を受けてください。
      2. (イ) 団体の情報等の入力
        団体の代表者の方は、各支部から「団体コード」、「団体確認キー」、「団体代表者キー」の発行を受けた後、当センターのホームページから電子申請の「団体代表者向けページへ」において、団体代表者の氏名やメールアドレス等の情報などについて、事前の団体登録が必要です。
        団体受験の電子申請は、代表者が団体登録を行わなければできません。
    3. ウ 団体受験を団体経由で電子申請する方(団体受付)
      1. (ア) 団体代表者が団体受験者全員分の願書情報を取りまとめて電子申請します。
      2. (イ) 証明書類等の提出が必要な方、複数受験及び同日併願の方も電子申請ができます。
      3. (ウ) 受験票は、団体代表者が一括印刷し、受験者に配付します。
      4. (エ) 試験手数料は、団体代表者が受験者分を取りまとめて払込むことができます。
    4. ※複数受験及び同日併願は、試験日程等により実施していない場合があります。

    5. エ 団体受験で直接電子申請する方
      個人で受験される方と同様の方法により電子申請ができます。
    6. 電子申請に関するQ&A 電子申請の要領について

      電子申請に関するQ&A 電子申請の試験手数料の払込みについて

    5 試験日及び電子申請の受付期間

    6 電子申請できる試験種類 

    電子申請の対象となる試験種別及び科目免除等は、次のとおりです。

    危険物取扱者試験

    電子申請できる
    試験の種類
    電子申請できる方 試験科目の免除の有無
    甲種 初めて電子申請する方 乙種危険物取扱者免状の交付を受けている方で、
    (1) 第1類又は第6類
    (2) 第2類又は第4類
    (3) 第3類
    (4) 第5類
    (1)~(4)の4種類以上の交付を受けている方。
    他の受験資格要件に該当し、証明書類を提出する必要がある方 ※1
    免除はありません。
    再受験 3年以内に甲種危険物取扱者試験の受験申請をされた方※1
    乙種 初めて電子申請する方 どなたでも申請できます。
    受験資格は必要ありません。 ※2
    乙種危険物取扱者免状、火薬類免状の交付を受けている方は、試験科目の一部が免除になります。※2
    再受験 3年以内に乙種危険物取扱者試験の受験申請をされた方 ※2
    丙種 初めて電子申請する方 どなたでも申請できます。
    受験資格は必要ありません。 ※3
    消防団員の資格により試験科目の一部が免除になります。 ※3
    再受験 3年以内に丙種危険物取扱者試験の受験申請をされた方※3

    ※1:他の受験資格要件に該当し、証明書類を提出する必要がある方は、「団体受付」以外の方、又は3年以内書面で受験申請された方以外の方は、電子申請はできません。

    ※2:火薬免状による科目免除を希望される方は、「団体受付」以外の方、又は3年以内に書面で受験申請された方以外の方は、電子申請はできません。

    ※3:消防団員の資格による科目免除を希望される方は、「団体受付」以外の方、又は3年以内に書面で受験申請された方以外の方は、電子申請はできません。

    消防設備士試験

    電子申請できる
    試験の種類
    電子申請できる方 試験科目の免除の有無
    甲種特類 初めて電子申請する方 甲種消防設備士免状の交付を受けている方で、第1類~第3類のうちいずれかを有し、かつ、甲種第4類及び甲種第5類の免状の交付を受けている方 免除はありません。
    再受験 3年以内に甲種特類消防設備士試験の受験申請をされた方
    甲種 初めて電子申請する方 甲種消防設備士免状の交付を受けている方 甲種消防設備士免状の交付を受けている方は、申請により試験科目の一部が免除になります。
    再受験 3年以内に甲種消防設備士試験の受験申請をされた方
    乙種 初めて電子申請する方 受験資格は必要ありません。
    どなたでも申請できます。
    消防設備士免状の交付を受けている方は、申請により試験科目の一部が免除になります。
    再受験 3年以内に乙種消防設備士試験の受験申請をされた方

    ※:電気工事士や電気主任技術者や技術士等の資格による科目免除を希望される方は、「団体受付」以外の方、又は3年以内に書面で受験申請された方以外の方は、電子申請はできません。

    ※:消防団員の資格による科目免除を希望される方は、「団体受付」以外の方、又は3年以内に書面で受験申請された方以外の方は、電子申請はできません。

    電子申請に関するQ&A 電子申請ができる試験種類や科目免除について

    7 再受験の電子申請について

    3年以内に、電子申請した方又は書面で申請した方も、合格した試験種類を除き、受験票又は試験結果通知書に印字された「資格判定コード」を利用して、「再受験」として同種類の試験の電子申請をすることができます。その場合の試験地は問いません。
    危険物取扱者試験では、受験しようとする試験の受験資格要件等が、前回受験した試験の受験資格要件等と同一の場合は、他の種類試験の電子申請ができます。(消防設備士試験を除く)また申請により一部科目免除されます。
    ただし、同一試験日に電子申請できる再受験の申請は、1種類のみとなります。(団体受付を除く)

    8 団体受験の電子申請について 

    学校、企業等団体の受験者が、グループで同一試験日に受験することを希望される場合、「団体受験」として電子申請することができます。
    電子申請における団体受験については、団体代表者が団体受験を希望する方の願書情報を取りまとめて当該団体を経由して電子申請を行う(以下「団体受付」という。)ものと、受験者が団体代表者の下に直接電子申請をするものがあります。

    1. (1) 学校、企業等の受験希望者が電子申請をされる場合

      団体受験を電子申請される方は、あらかじめ「団体コード」と「団体確認キー」の情報を団体の代表者から取得して、電子申請を行ってください。この入力ができない場合、団体受験の電子申請はできません。

    2. (2) 学校、企業等の団体代表者の方へ

      1. ア 団体の登録
        団体の受験希望者の利便性を図るため、受験者が団体受験を希望される場合、団体の代表者は、あらかじめ当該試験地の支部において団体登録をする必要があります。
        各支部から「団体コード」、「団体確認キー」、「団体代表者キー」の発行を受けてください。
      2. イ 団体の情報等の事前登録
        団体の代表者の方は、各支部から「団体コード」、「団体確認キー」、「団体代表者キー」の発行を受けた後、当センターのホームページから電子申請の「団体代表者向けページへ」において、団体代表者の氏名やメールアドレス等の情報などについて、事前の団体登録が必要です。
        団体受験の電子申請は、代表者が団体登録を行わなければできません。
      3. ウ  団体受験で団体受付の方
        1. (1) 団体代表者が団体受験者全員分の願書情報を取りまとめて電子申請します。
        2. (2) 証明書類等の提出が必要な方、複数受験及び同日併願の方も電子申請ができます。
        3. (3) 受験票は、団体代表者が一括印刷し、受験者に配付します。
        4. (4) 試験手数料は、団体代表者が受験者分を取りまとめて払込むことができます。
          ※複数受験及び同日併願は、試験日程等により実施していない場合があります。
      4. エ 団体受験で直接電子申請する方
        個人で受験される方と同様の方法により電子申請ができます。
      5. オ 団体申請状況の確認
        団体登録を行った団体の代表者の方は、「団体申請状況確認へ」のボタンから団体受験申請者の申請状況を確認することができます。

    電子申請に関するQ&A 団体受験の取扱いに関すること

    9 複数受験について

    団体代表者が団体受験を希望する方の願書情報を取りまとめて当該団体を経由して電子申請を行う(団体受付)場合は、試験実施する支部の認める試験種類及び組合せに限り、複数受験又は同日併願受験の電子申請が可能です。
    電子申請では、あくまでも一日に一種類の試験を受験される方を対象としています。団体受付以外の方で複数受験を希望される方は、これまでと同様に書面による願書申請をお願いいたします。
    したがって、団体受付以外の方で同日併願受験を希望される方も、書面による願書申請をお願いいたします。

    電子申請に関するQ&A  電子申請ができる試験種類や科目免除について

    10 電子申請の際の試験手数料の払込みについて

    1. (1) 試験手数料の払込方法は、次の3つのうちから1つを選択できます。

      1. ア ぺイジー(Pay-easy)決済(インターネットバンキング、ペイジー対応ATM)
        情報リンク方式(即時決済)、又はオンライン方式(払込番号付与方式)
      2. イ コンビニエンスストア決済(払込番号付与方式)
        セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルK・サンクス、セイコーマート
      3. ウ クレジットカード決済(即時決済)
        ※団体受験で「団体受付」による電子申請の場合を除く
        VISA、MasterCard、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナース
        ※注意 クレジットカード決済の場合は、分割払いはできません。すべて一括払いとなります。
    2. (2) 試験手数料の払込期限について

    3. 上記(1)で試験手数料の払込みをペイジー(Pay-easy)のオンライン方式による決済、又はコンビニエンスストア決済を選択した場合には、払込期限が設定されますので当該期限までに試験手数料を払込んでください。
      なお、払込みの期限は電子申請を行った翌日から3日以内です。

    4. (3) 試験手数料を払込む際のコンビニエンスストア等の手数料は、無料(センターが負担)となります。

    5. (4) 団体受験での「団体受付」のみ、試験手数料を団体代表者が受験者分を取りまとめて払込むことができます。

    電子申請に関するQ&A 電子申請の試験手数料の払込みについて

    11 当センターから送信する電子メール及び送信元アドレスについて 

    1. (1) 送信する電子メールの種類

      電子申請で「仮受付完了」又は「受付完了」すると、当センターから、登録していただいたメールアドレスあてに次の内容のメールを送信します。(ア~エで必要なメールを送信します。)

      1. ア 受験申請者の受付完了通知メール
        決済方法として「ペイジー(情報リンク方式)」又は「クレジット」で即時決済した場合及び「仮受付完了のご連絡メール」受信後、選択した決済方法に従い、試験手数料の払込みが完了した場合に送信します。
      2. イ 受験申請の仮受付完了通知メール
        決済方法として「ペイジー(オンライン方式)」又はコンビニエンスストア(受付番号)」を選択した場合に送信します。
      3. ウ 受験申請者の受験票ダウンロードについて(通知)メール
        電子申請受付後、当センターで、受験番号等の試験情報を処理し、電子申請者が受験票をダウンロードして印刷できる状態となった場合、電子申請者あてにメールを送信します。当該メールは試験日のおおむね7日前までに送信します。
      4. エ 受験申請者の受験票写真貼付について(注意事項)メール
        試験当日、受験票に写真を貼付して持参しない場合は、受験できません。試験日の7日前に再度注意を喚起するために送信します。
    2. (2) 送信元メールアドレス

      電子メールの送信元アドレスは、当センターからの送信専用です。したがって、返信いただいてもお答えできません。
      不審な電子メールが届いた場合には、安易にリンク先ウェブサイトにアクセスしたり、アクセス先のウェブサイトでID・パスワード等を入力したりしないようにお願いいたします。

      電子メール送信元アドレス
      アドレス  uketsuke@shinsei.shoubo-shiken.or.jp (このアドレスあてに返信はできません。)
      差出人  From: shinsei.shoubo-shiken.or.jp

      電子申請に関するQ&A  電子申請をした後の取扱いについて

    12 受験票のダウンロード・印刷について

    電子申請者の受験票は、受験者本人に作成していただきます。
    電子申請を行い、試験手数料の払込みを完了された方には、当センターで入金を確認した後、試験日のおおむね10日前までに受験票をダウンロードできる旨のメールを送信します。
    その後、当センターのホームページの電子申請トップページ画面の「受験票ダウンロード」から、受験票をダウンロードして、白いA4用紙に拡大/縮小しないで印刷し、写真を貼付するなど、受験票を作成してください。
    受験票がない場合は、受験できません。

    電子申請に関するQ&A  電子申請をした後の取扱いについて

    13 受験票への写真の貼付について

    印刷した受験票には、写真を貼付する必要があります。写真の貼付がない場合には受験できない場合があります。
    この写真は、合格した際、免状の写真として利用しますので、次の写真を準備してください。

    1. (1) 縦4.5cm×横3.5cmであること。
    2. (2) 無帽、無背景、正面上三分身像であること。
    3. (3) 6ヶ月以内に撮影されたものであること。
    4. (4) 鮮明な写真であること。