福島県支部

連絡先・所在地:
〒960-8043 福島市中町4番20号 みんゆうビル2階
mapTEL:024-524-1474 FAX:024-524-1475
問い合わせ時間 : 平日 午前9時~午後5時(土日及び祝祭日は受付を行っておりません。)

緊急情報

[ 2020.6.11 ]
【消防設備士試験日程等の変更について】
令和2年9月5日(土)実施予定の消防設備士試験につきましては、諸般の事情により、試験日時、試験会場を下記のとおり変更いたします。
受験種類により試験日、試験時間が異なります。
受験申請にあたりましてはお間違いのないようご注意ください。
受験者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解と
ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

●試験会場 郡山市 (郡山ユラックス熱海)
      郡山市熱海町熱海2丁目148−2
     ※会場の定員を超えた場合、近隣の会場に変更になる
      場合がありますので、受験票を確認してください。

●試験日  令和2年9月19日(土)
 試験時間 9時30分開始  甲種特類・甲種第4類
     14時30分開始  乙種第4・7類

●試験日  令和2年9月20日(日)
 試験時間 9時30分開始  甲種第1・2・3・5類
     14時30分開始  乙種第1・2・3・5・6類

●願書受付期間
 電子申請  令和2年7月5日(日)〜7月14日(火)
 書面申請  令和2年7月8日(水)〜7月17日(金)

●試験開始30分前までに試験室に入室してください。

●合格発表予定日は令和2年10月30日(金)頃です。
福島県支部からのお知らせ

重要なお知らせ

[ 2020.4.6 ]

受験者の皆様へ 〜新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い〜

当センター福島県支部では、試験会場の換気や消毒などの感染症対策を行っておりますが、受験される皆様には次のことをお願いいたします。

1 咳エチケットや手洗いの励行をお願いいたします。
2 マスクの着用についてご協力をお願いいたします。
3 試験会場の廊下や出入口付近での会話は極力ご遠慮くださ
  い。
4 37.5℃以上の発熱や咳が出るなどの症状がある方は、
  受験を控えていただきますようお願いいたします。

  当分の間、37.5℃以上の発熱や咳が出るなどの症状が
  ある方については、試験日前日の17時までに福島県支部
  までご連絡を頂ければ、令和2年度実施の他の試験日へ振
  替を可能といたします。
  なお、受験日の振替を希望される場合、振替後の受験日の
  調整などの手続きについては、福島県支部から追ってご連
  絡申し上げます。
  なお、再振替は行いませんのでご了承ください。

  ◆福島県支部 連絡先◆
   TEL 024‐524‐1474
   FAX 024‐524‐1475

*今後の情勢変化があれば、随時ホームページでお伝えします。
*願書受付・書換受付ともに郵送でも受付をしています。
 申請者の皆様には、来所はお控えいただき、郵送で手続きを
 してくださるようお願いします。
[ 2019.11.21 ]

消防法に係る令和元年度台風第19号等に基づく災害の被災者に対する手数料等の免除の取扱いについて

このことについて、福島県の条例が施行されましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.対象
 (1)消防法に基づく危険物取扱者免状の再交付
 (2)消防法に基づく消防設備士免状の再交付

2.対象者
 令和元年度台風第19号等による被災者
 (令和元年10月25日の大雨による被災者を含む)

3.免除の実施期間
 令和元年10月12日から令和3年3月末日まで
 (必要に応じ、期間延長の可能性あり)

4.免除の方法等
 当支部あてに提出する再交付申請書に、罹災証明書の写し等を添付することにより、上記1に係る手数料を免除する。

その他ご不明な点がございましたら、福島県のHPをご確認願います。
■試験時間について
危険物取扱者試験
甲種 午前10時から午後0時30分まで(2時間30分)
乙種 午前10時から正午まで(2時間)
丙種 午後1時30分から午後2時45分まで(1時間15分)

なお、試験科目の一部を免除される場合又は同時に2種類以上受験する場合は、終了時刻が異なります。
※都合により、試験会場、試験時間の変更がある場合もありますので、受験票で確認してください。

消防設備士試験
甲種特類: 午前10時から午後0時45分まで(2時間45分)
(甲種特類は筆記試験のみです)
甲種(特類を除く): 午前10時から午後1時15分まで(3時間15分)
乙種: 午前10時から午前11時45分まで(1時間45分)
ただし、試験科目の一部を免除される場合は、試験時間が短縮されます(甲種特類以外はいずれも実技試験を含みます)。