三重県支部

連絡先・所在地:
〒514-0002 津市島崎町314 三重県島崎会館1階map
TEL:059-226-8930 FAX:059-225-6736
問い合わせ時間 : 平日 午前9時~午後5時(土日及び祝祭日は受付を行っておりません。)

三重県支部からのお知らせ

重要なお知らせ

[ 2021.7.15 ]

令和3年度前期危険物取扱者試験に係る免状の発行について

 令和3年度前期危険物取扱者試験に合格され、令和3年7月7日までに免状の交付申請をされた方については、本日(7月15日)免状を簡易書留で郵送しました。

 免状は受領印がないと受け取れません。ご留意ください。
[ 2021.7.13 ]

令和3年度 前期消防設備士試験の受験票の発送について


〇令和3年7月25日(日)に実施する、令和3年度前期消防設備士試験に書面申請された方の受験票を本日(7月13日)発送しました。

 7月19日(月)までに受験票が到着しない場合には、当支部(059-226-8930)までお問い合わせください。

〇また、電子申請の方には、受験票をダウンロードできる旨のメールをお送りしています。
 ダウンロードができない場合には、電子申請専用窓口(0570-07-1000)にご連絡ください。

〇試験当日、受験票に写真(4.5cm×3.5cm)の貼り忘れのないよう注意してください。(受験票に写真がない場合、受験できません)

〇新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、必ずマスクを着用していただくとともに、受験に当たっては次のことをお願いいたします。
 1 咳エチケットや手洗いの励行をお願いいたします。
 2 受験日当日に各自で検温をお願いいたします。
   発熱や咳などの症状がある方は、受験を控えていただくようお願い申し上げます。
 3 試験会場やロビーでの会話はご遠慮ください。
 4 試験会場には、アルコール消毒液の設置は行いますが、感染防止対策は各自でお願いいたします。
 
〇試験会場である高田短期大学では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、校舎内での待機はできません。車でお越しいただいた方は集合時間までお車での待機をお願いいたします。また、公共交通機関でお越しの方は集合時間まで校舎の外での待機をお願いいたします。集合時間になりましたら校舎内にご案内いたします。

〇高田短期大学は土足厳禁ですので、スリッパと靴袋は各自で準備してください。(試験会場にスリッパは準備していません)

〇なお、試験日、受験地、試験種類の変更、科目免除の申出及び受験の取消(試験手数料の返還)はできません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 発熱、咳などの症状がある場合、受験を控えていただきますので、試験日の前日(7月24日(土))の9時〜16時までの間に三重県支部まで電話でご連絡ください。
 三重県支部で次回実施する試験(令和4年3月6日)への振替を可能といたします。
 (7月22日、23日は祝日のため、業務をしておりませんのでご注意ください。)

 受験日の振替を希望される場合、振替後の受験日の調整などの手続きについては、当支部から追ってご連絡申し上げます。
 なお、振替手続後もしくは当支部からの受験日指定後の再度の変更、試験手数料の還付はございませんのでご注意ください。
 
 三重県支部 電話番号 059-226-8930(9時から16時)
[ 2020.12.15 ]

電子申請者の皆様へ  令和3年3月の受験申請分から払込手数料をご負担いただくこととなります。

 危険物取扱者試験及び消防設備士試験における電子申請につきましては、その利用促進を図るため、これまで 試験手数料の払込手数料を当センター で 負担してまいりましたが、現在では電子申請者数も増え 利用が進んできていること、書面申請の場合には払込手数料が申請者負担となっていること等を考慮し、令和 3 年 3 月 1 日以後の電子申請につきましては、試験手数料に加え 払込手数料230円 (消費税込み)を申請者の皆様にご負担いただくことといたしました。
 申請者の皆様には、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
[ 2020.8.11 ]

〜新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い〜

   〜新型コロナウイルス感染症対策へのご協力のお願い〜


【受験者の皆様へのお願い】

1 試験日の当日朝にご自身で検温をおこなっていただき、発熱がある場合は受験をお控えください。

2 マスクを持参し、試験会場内では必ずご着用してください。
※本人確認時は試験監督員の指示に従いマスクを外していただきます。

3 手洗い、手指のアルコール消毒、咳エチケットを励行してください。

4 周りの受験者の方と適度な距離をお取りください。

5 試験会場内での会話はご遠慮ください。

6 試験日から14日以内に、新型コロナウイルス感染症陽性及び濃厚接触者と判明した場合は、当支部までご連絡ください。

6 試験教室内の窓やドアの開放、換気扇使用などにより換気を行います。これに伴い、外部騒音や換気扇の稼働音などの影響が予想されますことをあらかじめご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇以下の方は、受験をお控えください。お控えいただく場合は次回の試験に振替を行います。

1 体調不良の方

2 体調に不安のある方(発熱、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある方)
※試験会場によっては、入場時に検温を行い、発熱が確認された場合は受験をお控えいただく場合がございます。

3 過去14日以内に新型コロナウイルス感染症陽性とされた者と濃厚接触がある方、または、同居家族や身近な知人に感染の疑いがある方

4 過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航歴のある方、または、その方と濃厚接触がある方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【試験会場における感染予防策】

1 試験監督員は試験当日、検温を行い体調に問題ないことを確認の上、監督業務に従事いたします。

2 試験監督員はマスクを着用し、こまめな手洗い・手指のアルコール消毒を行います。

3 試験会場内にアルコール消毒液を設置いたします。

4 人の手が触れる箇所を中心に会場施設のアルコール消毒を行います。

5 試験会場内では他者と十分な距離が保たれるよう誘導、注意喚起を行います。

6 試験室内は通常の定員より収容数を減らし、受験者間の距離を保ちます。

7 試験会場内の窓開け、ドア開放、換気扇作動などにより換気を行います。


受験者の皆様にはご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

[ 2017.3.6 ]

お知らせ

 当センターは、試験実施機関であり、危険物取扱者試験及び消防設備士試験の受験準備のための講習会やテキストの販売等は、一切行っておりません。
1.危険物取扱者試験及び消防設備士試験について

・受験願書は、願書受付日のおよそ2週間前から、県内各消防本部・消防署、三重県内各県民庁舎の防災担当課及び(一財)消防試験研究センター三重県支部で入手できます。
・電子申請の場合は、(一財)消防試験研究センターのホームページから申請してください。

2.免状の書換・再交付について

写真の書換は10年以内に、氏名・本籍地などが変更になった場合はすみやかに免状の書換を行う必要があります。(危険物の規制に関する規則(第51条~第53条及び消防法施行規則(第33条の5~第33条の7)。但し、同一都道府県内の本籍変更及び現住所変更は、書換申請を行う必要はありません。
また、亡失、汚損などをした場合は、再交付の手続きが必要です。

■書換・再交付申請書の配布場所

・書換・再交付申請書は県内各消防本部・消防署、三重県内各県民庁舎の防災担当課及び (一財)消防試験研究センター三重県支部で入手できます。
・また、(一財)消防試験研究センターのホームページからもダウンロード(PDF形式)して使用できます。

手数料(三重県収入証紙)の入手先等

・書換・再交付などに必要な手数料は、三重県収入証紙で納付してください。三重県収入証紙は三重県収入証紙販売所(百五銀行、三重銀行、第三銀行等)で購入してください。
なお、当会館内でも購入できる場合があります。(不定休販売所)

・貼付欄に貼って頂いた収入証紙の金額が必要な手数料より多い(過剰納付)場合は、“過剰納付の承諾手続きが“必要になりますので、必要額以上の収入証紙を貼らないように注意してください。

(1) 三重県支部に申請できる方

区分
次のいずれか1項目に該当する方
書換の場合 ア 三重県知事交付の免状をお持ちの方
イ 居住地が三重県内の方(交付県知事は問いません。)
ウ 勤務地が三重県内の方(交付県知事は問いません。)
再交付の場合 ア 免状の交付を「三重県」で受けられた方
イ 以前「三重県」で書換手続きをされた方

(注):再交付の場合で、いずれの項目にも該当しない方は、免状の交付を受けた 「都道府県」の支部に申請してください。

(2) 申請の際に必要な書類等

区分
必要な書類等
書換 ア 写真書換の場合(10年目の書換) ・申請書
・写真(縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
・手数料(1,600円分の三重県収入証紙)
 (左記、証紙入手先参照)
・現在お持ちの免状
・返送用封筒(※参照のこと)
イ 氏名・本籍等の書換えの場合
(書換えは、免状の裏面に手書きで
新しい氏名・本籍等を記載します。
免状の表面は変わりません。)
・申請書
・手数料(700円分の三重県収入証紙)
 (左記、証紙入手先参照)
・現在お持ちの免状
・書換の亊由を証明する書類
(戸籍抄本、住民票又は公的機関が発行した書類で、書換えの亊由を確認できる書類(原本) 【氏名の書換えは、変更前、変更後が確認できるもの】)
・返送用封筒(※参照のこと)
ウ 上記アの写真書換とイの氏名、本籍等の書換を同時にする場合 ・申請書
・写真(縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
・手数料(1,600円分の三重県収入証紙)
  (左記、証紙入手先参照)
・現在お持ちの免状
・書換の亊由を証明する書類
(戸籍抄本、住民票又は公的機関が発行した書類で、書換えの亊由を確認できる書類(原本) 【氏名の書換えは、変更前、変更後が確認できるもの】)
・返送用封筒(※参照のこと)
エ 旧姓の記載・変更及び旧姓の削除の場合(旧姓の記載は、免状の裏面に手書きで記載します。免状の表面は変わりません。) ・申請書
・手数料(700円分の三重県収入証紙)
  (左記、証紙入手先参照)
・現在お持ちの免状
・旧姓を確認できる書類(戸籍抄本、旧姓が記載された住民票又は公的機関が発行した書類(原本))
・旧姓を削除する場合の確認書類は必要ありません。
・返送用封筒(※参照のこと)
オ 上記アの写真書換とエの旧姓の記載・変更及び旧姓の削除を同時にする場合 ・申請書
・写真(縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
・手数料(1,600円分の三重県収入証紙)
  (左記、証紙入手先参照)
・現在お持ちの免状
・旧姓を確認できる書類
(戸籍抄本、旧姓が記載された住民票又は公的機関が発行した書類(原本))
・旧姓を削除する場合の確認書類は必要ありません。
・返送用封筒(※参照のこと)
再交付 ・免状を亡くしたり、汚損・破損した場合 ・申請書
・写真(縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
・手数料(1,900円分の三重県収入証紙)
  (左記、証紙入手先参照)
・汚損・破損の場合は、その免状
・返送用封筒(※参照のこと)
再交付と書換 ・「再交付」と「氏名、本籍等の書換」を同時に行う場合 ・申請書
・写真(縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
・手数料(1,900円分の三重県収入証紙)
 (左記、証紙入手先参照)
・汚損・破損の場合は、その免状
・書換の亊由を証明する書類
(戸籍抄本、住民票又は公的機関が発行した書類で、書換えの亊由を確認できる書類(原本) 【氏名の書換えは、変更前、変更後が確認できるもの】)
・返送用封筒(※参照のこと)
再交付と旧姓の記載 ・ 変更及び旧姓の削除 ・「再交付」と「旧姓の記載・変更」及び旧姓の削除を同時に行う場合 ・申請書
・写真(縦4.5cm×横3.5cm) 1枚
・手数料(1,900円分の三重県収入証紙)
 (左記、証紙入手先参照)
・汚損・破損の場合は、その免状
・旧姓を確認できる書類
(戸籍抄本、旧姓が記載された住民票又は公的機関が発行した書類(原本))
・旧姓を削除する場合の確認書類は必要ありません。
・返送用封筒(※参照のこと)

※返送用封筒は、作成した免状を申請者に郵送するための封筒です。
定形の封筒に申請者の住所、氏名を記入し、簡易書留郵便404円(令和元年10月1日現在)分の切手を貼ってください。当支部では切手の販売は行っておりません。あらかじめご用意ください。

(3) 申請方法等

・必要な書類等を揃えて当センターへ郵送してください。
・なお、お近くの方は直接、当支部へ持参して頂いても結構です。但し、免状の書換などの手続きには10日程かかりますので、持参して頂いても、その場で交付することは出来ませんので、ご了承ください。(受付は、土、日及び祝祭日を除く午前9時~午後5時まで)