連絡先・所在地:
〒730-0013 広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル9階map
TEL:082-223-7474 FAX:082-223-7472
問い合わせ時間 : 平日 午前9時~午後5時(土・日及び祝祭日は受付を行っておりません。)

広島県支部からのお知らせ

重要なお知らせ

[ 2018.8.17 ]

平成30年7月豪雨の被災者に係る手数料の免除について

 平成30年7月豪雨の被災により、免状の再交付を余儀なくされた場合、再交付手数料が免除になります。(広島県で交付又は書換された方に限ります。)
 再交付申請書に加えて、免除を受けるための必要書類を添えて申請してください。
 ※手数料が免除されるのは、平成31年3月31日受付分までです。

「免除を受けるための必要書類」の様式はこちらから↓↓↓
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/5/h-30-tesuryo.html
[ 2018.8.6 ]

7月8日の危険物取扱者試験(呉市・三原市会場)の振替試験に関するご案内(広島県支部)

 西日本豪雨災害により延期しましたこの試験について,次のとおり振替試験の日程が決定しましたので,お知らせします。

1 日時 平成30年10月14日(日)
2 場所
(呉市会場)呉武田学園呉港高等学校(変更ありません)呉市広大新開三丁目3−4
(三原市会場)三原市市民福祉会館(県立総合技術高等学校から変更)三原市城町一丁目18−1(三原駅南口から徒歩4分)
3 その他
 受験申込者全員の皆様に,改めて振替試験のご案内を8月1日に発送しています。これにより受験希望の有無を確認させていただきます。
 この日の受験を希望される方には,9月末日までに新受験票を送付します。また,この日に受験できない方へは,受験手数料の還付又は他の試験日への振替の手続きをご案内します。
 
 なお,この試験は,7月8日実施予定の振替試験ですので,新たな受験申し込みはできません
[ 2018.3.14 ]

試験手数料及び免状交付手数料の改定のおしらせ

 危険物取扱者試験及び消防設備士試験の試験手数料及び免状交付手数料が改定され、平成30年5月1日以降の申請分から新手数料となります。

 詳しくは、このページ左上に掲載される平成30年度試験案内をご覧ください。
■試験について
(1)危険物取扱者試験
  • 前期・後期とも、広島市、呉市、三次市、三原市及び福山市で行います。
(2)消防設備士試験
  • 前期・後期とも、広島市及び福山市で行います。
(3)共通事項
  • 受験願書等は、当センター及び県内の主な消防署で随時配布しています。
    「試験案内」、「受験願書」及び「受験手数料払込用紙」の3点を必ず受け取ってください。
  • 試験日程は、左欄メニューの「試験日程」で確認してください。
  • 受験願書は、受付期間・試験日・試験会場・試験時間などを「試験案内」でよく確認してから、受付期間内に提出してください。
    受験願書提出後の内容変更は、原則としてできませんので注意してください。
  • 受験願書の提出は、郵送又は当センターへの直接持参のいずれの方法でもかまいません。
  • いずれの会場も、車での来場はできません。公共交通機関等を利用してください。
  • 会場付近の店舗等への不当駐車は、失格扱いとなります。
  • 会場によっては、敷地内全面禁煙となっています。受験票で確認してください。

■免状について
(1)新規免状の交付
  • 試験の合格者公示日後、10日から2週間以内に、結果通知書の交付申請書で申請してください。
  • 合格された類以外の免状をお持ちの場合は、その免状も合わせて提出してください。
(2)写真の書換・再交付申請等
  • [写真の書換え]・・・免状は、交付を受けてから10年以内に写真の書換えを行う必要があります。10年が経過するまでに書換えの手続きを行ってください。
  • [再交付]・・・免状を汚損したり紛失したりしたときには、再交付の手続きが必要です。
  • [書換え]・・・氏名や本籍が変わった(都道府県間の移動)ときは書換えが必要です。
(3)共通事項
  • 書換え再交付申請書は、当センター及び県内の主な消防署にあります。(全国共通です)
  • 交付手数料は、県内各消防署で配布している専用の納付書で、広島県内の各金融機関(ゆうちょ銀行除く)で支払って下さい。なお、県外に居住されているなど、納付書の受取り・支払いが困難な方は、現金書留封筒に申請書類、交付手数料分の現金及び、下記に説明している返信用封筒を同封し、郵送してください。
  • 新しい免状の交付には、県への手続きを要するため3週間から4週間かかりますので、392円分の切手を貼った「返送用封筒」(定形)を必ず用意してください。(できあがった免状は簡易書留郵便でお送りします。)