連絡先・所在地:
〒680-0011 鳥取市東町1-271(鳥取県庁第2庁舎8階)map
TEL:0857-26-8389 FAX:0857-24-1052
問い合わせ時間 : 平日9時~17時まで
【土日、祝日、年末年始(12/29~1/3)は受付を行っておりません】

鳥取県支部からのお知らせ

重要なお知らせ

[ 2018.11.12 ]

第2回消防設備士試験の受験票発送のお知らせ

◆11月25日(日)に倉吉市で実施する消防設備士試験の受験票を、書面申請の方には11月12日に郵送しました。
11月19日までに届かない場合は、必ず鳥取県支部(電話:0857−26−8389)へご連絡ください。

◆また、電子申請の方には11月12日12時よりダウンロードが可能となっております。ダウンロードできない場合は、電子申請室(電話0570−07−1000)へお問い合わせください。

◆なお、試験当日は、受験票に写真(縦4.5cm、横3.5cm)を貼ってご持参ください。 
[ 2018.8.24 ]

平成30年7月豪雨の被災者に対する手数料の免除について

平成30年7月豪雨で被災された皆様に心からお見舞い申しあげます。
平成30年7月豪雨災害で被災され、り災証明書をお持ちの方は、危険物取扱者及び消防設備士の免状再交付手数料が免除されます。(鳥取県で交付又は書換された方のものに限ります。)
 再交付申請書に加えて、免除を受けるために必要な書類を添えて平成31年3月31日までに申請して下さい。

 「免除を受けるために必要書類」の様式はこちらから↓↓↓
  鳥取県消防防災課 https://www.pref.tottori.lg.jp/279362.htm
[ 2018.5.14 ]

免状交付手数料の改定のお知らせ

 鳥取県手数料徴収条例が改正され、危険物取扱者と消防設備士の免状交付手数料及び再交付手数料が平成30年5月1日以降の申請分から新手数料となりました。


  新規免状交付手数料  2,900円
  再交付手数料     1,900円

 写真書換、本籍等の書換について改定はありません。

※過去に合格している試験結果について免状交付していない場合も、新手数料となります。
電子申請(インターネットから受験申請)は、書面申請(願書による申請)と申請期間、受験できる試験種別等が異なるので、ご注意ください。

危険物取扱者試験の乙種第4類の試験は、午前・午後のいずれでも実施しますが、午前・午後は当センターが指定し、受験票に表示します。乙種第4類の申請者は、午前・午後のどちらかの指定を受けてもよい状態で申請書を提出してください。

複数受験について
  危険物取扱者試験の乙種を受験する場合
    すでに乙種の免状を有する方は、同一時間帯に4種類まで受験出来ます。
  消防設備士試験では、電気工事士免状の所有者で試験の一部免除を受ける方が複数受験できます。詳しくは試験案内を参照してください。
併願受験について
  危険物取扱者、消防設備士の各試験で、午前と午後に実施する試験のそれぞれを受験することができます。
  危険物取扱者試験(第1回~第5回の試験分)で乙種免状のない方の併願受験は、
午前・午後の各1種類、受験できます。
 ただし、乙種第4類を午前と午後の両方を受験することはできません。
第5回の倉吉会場は午前のみのため併願できません。
 詳しくは試験案内をご覧ください。
受験票について
  受験願書を提出されると、受験番号、試験会場、試験開始時間などを記載した受験票を、試験日の1週間前までには送付します。内容をよく確認し写真(縦4.5㎝×横3.5㎝)を貼って、試験の当日、必ず持参してください。
  試験当日に「受験票を忘れたり」、「受験票に写真を貼っていない」、及び「受験票に本人と確認できない写真を貼っている」場合には、受験ができませんので、ご注意ください。
  1. 免状の交付、書換えなどは鳥取県支部へ申請してください。
願書・申請書の配付場所】を参照してください。
免状の同時複数申請の場合の手数料の額
    詳しくは鳥取県支部へお問い合わせください。